知らないと怖い?ヒゲ脱毛で起こりうるトラブルまとめ

青ひげなどの悩みが解決できると、今注目されているヒゲ脱毛。
よい点ばかりが注目されがちですが、実はヒゲ脱毛によってトラブルが起こることもあるんです。

そこで今回は、ヒゲ脱毛によって起こりうるトラブルについておまとめいたしましたので、ご覧ください。

 

 ➡ トラブルは回避できる!詳しくはこちら

 

やけど

ヒゲ脱毛の施術によって起こりうるトラブルとして『やけど』が挙げられます。

ヒゲ脱毛は、光やレーザーなどを当てることでヒゲを脱毛する方法が一般的です。
これらの脱毛法の場合、施術時に熱が発生するためやけどを負う可能性があります。

中でも、ヒゲの黒い部分に反応して脱毛をおこなう脱毛法の場合には、色黒の方や日焼けをしている方ですとやけどのリスクが高まります。

特に、日焼けをしている方は、元々お肌が紫外線のダメージを受けて軽いやけどを負っている場合もあるため、サロンやクリニックによって施術が受けられない可能性もあります。

打ち漏れ

ヒゲ脱毛に起こりうるトラブルとして、こちらの『打ち漏れ』も挙げられます。

打ち漏れとは、レーザーや光などの照射漏れのことです。

ヒゲは非常に多く生えているため、稀に照射ができていない毛根もでてきます。
その際には、『他のヒゲは抜け落ちてくるのに、このヒゲだけは生え続けている』などの状態に気づくことで打ち漏れを知ることができます。

光やレーザーなどを照射するのはクリニックやサロンの方であるため、サロン側の責任によって起こりうるトラブルだと言えます。

打ち漏れは、1回限定の施術ではなく複数回通うコースの場合には、次回の施術時にその箇所に照射してもらうことで解決できます。

また、『コース終了後でも、打ち漏れがあった場合には無料で照射する』というクリニックやサロンもあるため、施術を受ける前に確認をするのもよいでしょう。

 

肌荒れ

ヒゲ脱毛を受けた後に起こりうるトラブルとして、この『肌荒れ』が挙げられます。

ヒゲ脱毛後に肌荒れが起こることには、いくつかの原因が考えられます。

光やレーザーによるダメージ

ヒゲ脱毛は、しっかりと生えているヒゲや毛根に光やレーザーを照射することで脱毛をするものです。
言ってしまえば、健康な毛根を破壊することでヒゲを生えなくするというものなんです。

この健康な毛根に働きかけるためには、ある程度高い出力で光やレーザーを照射する必要があります。

それによってお肌がダメージを受けてしまい、施術後の肌荒れとしてあらわれることがあります。

 

乾燥

ヒゲ脱毛の施術を受けた後のお肌は、照射された光やレーザーのダメージによってバリア機能が低下している乾燥しやすい状態にあります。

乾燥状態にあるお肌は、外部からの刺激を大きく受けてしまうために、少しの刺激でも負担となってしまいます。

これにより、肌荒れが引き起こされることもあります。

 

肌が露出している

ヒゲ脱毛によってヒゲがなくなったお肌は、今まで生えていたヒゲによるカバーがなくなり、外に露出している状態です。

そのため、今まではヒゲがクッションとなってくれていた紫外線や外部からの刺激などのダメージをお肌が直接受けてしまいます。

その結果、肌荒れなどの肌トラブルが起こることがあるんですね。

 

 

これらの原因からできた肌荒れやニキビなどの肌トラブルは、しっかりとケアをすることで改善することができます。

特に、保湿に特化した化粧水や乳液などを使ってケアをすることで、肌トラブルを予防・改善することができます。

『ヒゲ脱毛を受けて終わり』ではなく、受けた後にはしっかりとケアをするように心がけましょうね。