知っていると安心できる。ヒゲ脱毛のトラブル回避におすすめな予防策

男性の清潔感がアップするなどの理由から、広く知られるようになったヒゲ脱毛。
実は、やけどや肌荒れなど、ヒゲ脱毛を受けたことでトラブルが発生したという方もいらっしゃいます。

そこで、ヒゲ脱毛でのトラブルをできる限り回避するためにできる予防策やスキンケアなどをご紹介していきたいと思います。

 

日焼けは避ける

ヒゲ脱毛でのトラブルをできる限り回避するためにできる予防策として、この『日焼けは避ける』ということ挙げられます。

サロンやクリニックなどでおこなわれているヒゲ脱毛は、ヒゲの黒い色素に反応する光やレーザーなどを照射することでおこなわれます。

特に、光よりも出力が高いために高い脱毛効果に期待ができるレーザー脱毛の場合には、毛根の中にあるヒゲを生やしている毛乳頭を破壊することでヒゲが生えてこないようにします。

日焼けをしている場合には、お肌の中の黒いメラニン色素が多く存在しているために、ヒゲ以外の部分にもこの光やレーザーなどが働きかけることによってやけどを負ってしまうリスクが高まります。

そのため、施術前のカウンセリング時に、各サロンやクリニックの基準以上の日焼けが認められた場合には施術が受けられないということもあります。

また、ヒゲ脱毛をおこなった後の日焼けもおすすめできません。

光やレーザーの照射によって、バリア機能が低下し傷つきやすいお肌で日焼けをしてしまうと、紫外線によるダメージを強く受けてしまうために『日焼けがなかなか引かない』ということや、『しみ・そばかすとなる』ということなどのリスクが発生する可能性があります。

さらに、肌荒れやニキビなどの肌トラブル発生の原因にもなりうるため、ヒゲ脱毛の前後には日焼けを避けるようにしましょう。

 

しっかりと保湿をする

ヒゲ脱毛でのトラブルをできる限り回避するためにできることとして、この『しっかりと保湿をする』ということが挙げられます。

ヒゲ脱毛の施術後に最も多いトラブルが、肌荒れやニキビなどの肌トラブルです。

これは、ヒゲ脱毛によって強い刺激を受けたお肌が、その刺激に耐え切れなくて荒れてしまうというものから、施術後のデリケートなお肌に刺激が与えられたことで荒れてしまうものまで、様々なパターンがあります。

これらの共通の原因である、『外部からの刺激を軽減する』という目的のために有効なのが、この『保湿』です。

  • 保湿をすることにより、施術後に低下したお肌のバリア機能を補い、乾燥を防いで健康なお肌へ導くことができます。
  • 乾燥による皮脂の過剰分泌も抑えることができることから、ニキビ予防としても効果が期待できます。

 

お肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーは、28日前後の周期で訪れます。
これは、ヒゲ脱毛によってダメージを受けたお肌から、新しく作られた健康なお肌に生まれ変わる周期が28日前後だということです。

そのため、ヒゲ脱毛をおこなってから最低でも1ヶ月程度は、保湿力の高い化粧水や乳液などを使ってケアをおこなうようにしましょう。

『女性用の化粧品を購入するのは抵抗がある』という方は、男性用化粧品でも保湿力の高いものは販売されているため、ぜひ探してみてください。

 

また、脱毛をおこなったサロンやクリニックによっては、脱毛後のケアに適している化粧品を販売しているところもあります。

さらに言えば、ヒゲによるクッションがなくなったことによってお肌は外部からの刺激を受けやすい状況下にあるため、可能であれば1ヶ月と期限を切らずに毎日ケアをすることがおすすめですよ。